ろくさんの、ちょっとぶっちゃけて

日頃の出来事とか思ったことを直感で書いたり練習日記とか。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ついったー
FEATURE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< バリ島旅行記〜その1〜 "1日目ヴィラ到着" | main | バリ島旅行記〜その3〜 "2日目" >>
バリ島旅行記〜その2〜 "1日目夜"

初日の夜はココと決めてました。
ヴィラから歩いて数分、通りに出てすぐの角にあるお店、
イタリアン "ULTIMO"(ウルティモ)。

普通にローカルフードを食べるよりは高くつくが、
それでも日本で食べるより圧倒的に安い。

たとえば、

Ultimo

このパスタは日本円にして約450円(くらいだったと思う)。
ピザも350円〜なのでかなりお手軽。

味はちょっと濃い目だったけど、なかなか美味しかった。
ピザは生地がちょっと好みとは違う感じだったけど、
「まあここはバリだし…」と妙に割り切れてしまう不思議。


ちなみに、通貨はルピア(Rupiah、Rp.)。
Rp.100が大体1円程度。
0を二つ取れば日本円でほぼOKなので計算は楽。

ただし、1万円分だとRp.1,000,000(百万ルピア)になり、
100,000札が10枚とかになり、数万円単位で両替すると、
異様な枚数になるので、管理がちょっと大変。

紙幣は、
Rp.1,000
Rp.5,000
Rp.10,000
Rp.20,000
Rp.50,000
Rp.100,000
の6種類。

1,000ルピアはつまり10円札。


買い物や食事をするとこれらの紙幣が入り乱れてくるので、
慣れるまではちょっとややこしかった。

そんな状態なので、特に一部の悪質な店や、
現地の特にローカルな所にある両替屋では、
両替時や買い物のおつりの際に実際より少ない金額を渡される
というトラブルもあるらしい。扱う桁が日本円に比べて大きいので、
0がひとつ少ない金額を渡されて後で気づいて泣き寝入りという
パターンに陥る。


今回の旅行ではそんなトラブルには幸い遭わなかったが、
毎晩その日使った大体の金額と残金を確認して、
紙幣を種類ごとに分ける作業をしてました。

注意し過ぎることはないです。特に初めての海外旅行では。


話はそれたが、とにかく物価はかなり安いっす。
4日目にデカいスーパーに行ったが、
どれも物凄く安いので思わずカゴに放り込んだモノ多数。


食事は大体1000円あれば腹一杯食えます。
店によるがローカルフードなら間違いなく。

| ろく | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://dive.netvoyagers.com/trackback/35